ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

小学生までに身につけておきたい3つのこと②

前回から2か月が過ぎてしまいましたが…

国民教育の師父と呼ばれる森信三氏が遺した数々の言葉の中で、
「小学生までに身につけておきたい3つのこと」の第二弾

を紹介します。

その前に、前回の『いちにちのはじまり』で元気よく朝の挨拶をしましょう!と以来、国語算数の授業、道徳の授業でしっかりとできている子を褒めました。すると、ほとんどの年長児が園に入ってくるとき、午前中に顔を合わせたときに、「おはようございます」と気持ちのいい挨拶ができるようになりました。

また、年中・年少児、はたまたようやく話せるような子も挨拶ができるようになりました。
ただ、この授業は今年始まったわけではありませんので、しっかりと根付いていなければならないのですが、きちんとできるようになるまで繰り返してこなかったのが定着できない原因でした。

いつまでも待っていてはダメなのですね。
定着するまでしっかりと伝え続けることが大事なのだと、あらためて気づかされました。

やがては教えなくとも進んで挨拶ができる環境を作りたいと思います。

さて、今回のお話は

『返事をする』(もうだいぶ前に授業をした内容です)

阿吽の呼吸という慣用句があります。
何も言わずとも息がぴったりと合うことというのが大まかな意味です。

調べてみると…

口を開いて息を出す「阿」,息を吸って口を閉じる「吽」から,気息の出入りを「阿吽」という。相撲の立ち合いは,吐く息・吸う息・止まる息といって,息を吐いたあと,七,八分ほど吸込んで止め,その一瞬に立つものとされているが,立ち合いで呼吸を合わせることを「阿吽の呼吸」という。(ブリタニカ国際大百科 小項目事典)
というように相撲の立ち合いに関する言葉のようです。

場合によっては、日本の美徳の一つの言葉として使われることも多いですが、それはスポーツの連係プレーであったり、とっさに機転を利かせるなどの場合です。しかも阿吽の呼吸という状態になるまでは、何度も意思の疎通が必要です。

ですから、相手に伝えることはしっかりと言葉で伝え、伝えられたら返事をすることが大事です。
言った、言わないということも返事をすることで回避できることが多くなると思います。

これは特に子供達にとっては大事なことです。

まずは言われたことに対して「はい!」と返事をする。それで受け止めたという意思表示になります。
意味がわからない、方法がよくわからないというときには、返事をしてから質問をする。これが理想ですね。

自分も100%できるかと問われると難しいですが、それができる人間になりたいものです。

2019年8月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : ItoKengo

小学生までに身につけておきたい3つのこと①

またまた久々の記事です。

国民教育の師父と呼ばれる森信三氏が遺した数々の言葉の中で、
「小学生までに身につけておきたい3つのこと」

を紹介します。

みよし保育園では、

年長児を対象に道徳の授業を行なっています。
園児達の中ではお兄さんお姉さんであり、「年下の友達にやさしく接してあげることができる園児であってほしい、立派な小学生になってほしい。」そんな想いを込めて行なっている授業です。

その「こころのドリル」という教材の中にある一番初めに掲載されているのが

『いちにちのはじまり』(題名)です。

森先生の仰る「小学生までに身につけておきたいこと」の1つ目でもある『挨拶をする』にあたります。

朝登園してきた時
自分よりも後に来るお友達や保護者、先生…

自分から進んで挨拶できることができるようになってほしいものです。

自分から進んで元気よく挨拶することは、自分を奮い立たせることができます。

朝は自宅から園に着くまでいろんなドラマがあります。多くの子供達は毎日元気よく登園してきてくれていますが、いつも元気な子でも

「もう少しゆっくりしたかった」
「もう少し寝ていたかった」
「○○を食べたかった」…など

そんな想い通りにいかなくて心の中がモヤモヤしていることも時折あるものです。
大人もそうですからね。ただ、時間で動かなければならない大人は自分に鞭を打って支度をしますが、子供はいつもできるとは限りません。

そんな鬱憤を持っていたとしても、園に着いたらしっかりと挨拶をしようと心がけ、元気よく挨拶ができれば、曇っていた心もすっきりと晴れわたるでしょう‼️

そして、自分が出す元気な声は他の人にも元気を分け与える【魔法の言葉】ともなるのです。

自分を元気にし、人に元気を与える魔法…それが朝の挨拶です。

しっかりと広めて、伝えていきたいと思います。

20190608-181333.jpg

20190608-181423.jpg

この時期。

この時期は出会いと別れがあり、嬉しさと寂しさと入り混じるなんとも言い難い時期です。

ここ数日、かつての卒園児、小学部の卒業生が多数訪ねて来てくれました。

まずは札幌の大学に合格したs君。
彼は晃 Technical Ski Team結成前ではあるが、その前身の1期生。

ずっとスキーをしたかったようだが、部活を優先。ただ、大学に入ってから基礎スキー部に入り再び取り組むのこと。

第一回北海道ジュニアスキー技術選手権大会の全道決勝に初めて出場権を得た選手。残念ながら、大会前々日から高熱→インフルエンザとのことで、出場は叶わず。それでも、以降後輩達が毎年彼が出られなかった大会に出場している。

そして、高校入学の報告に来てくれた3人の女子。
保育園から中学校生活までたくさん話してくれた。

そして札幌の高校に進学するとの報告をしに来てくれたM君。北見出身でプロになったサッカー選手と同じ高校…と聞いていたので、サッカーを続けるかと思いきや、公認会計士の道を目指すと高い志を伝えに来てくれた。

彼の兄も小学部卒業生。その彼のことも聞くと、「建築士になりたい」とのこと。年長の頃指導していた道徳の時間、「将来なりたいもの」を一人一人聞いていた。彼は「大工さんになる」と確か言っていた。

その時のことは保護者も知らなかった模様。でも彼の中では炭火のようにメラメラと小さい炎で燃え続けていたのかもしれない。

声を大にして目標を語ることも大事だが、そんな小さな炎をずっと燃やし続ける力も決して小さくはない。

そんな志をしっかりと持ってくれていることが、道徳の授業をやってきて本当に良かったと言える。今すぐに効果が出る授業ではない。

でも、将来役に立つ原動力になってくれていることを考えると嬉しくてたまらない。

『根を養えば自ずと育つ』

幼少期に大事なことは人でいう根に当たるものは心。
ちょっと教えたくらいで、すぐに成果が見られるものではない。

でも、育っていくと必ず差が出てくると信じて指導してきた。
間違っていなかったといえる。

最後に…

20180407-201003.jpg

先日小学部を旅立った子供達が中学校の制服を着て訪ねて来てくれた。

そのうちの一人の手紙。

彼女はできる力を持っているのだが、時折サボる。
喝を入れた後の成績の伸びはものすごいものがあった(笑)

大人しく、自分を前に出さない性格ではあるが、内に秘めた負けん気は凄まじかった。ただ、言われないとできない生徒にはなっては困ると思い、節目でやる気を促す話をした。それで、小学部6年の夏からは安定して高成績を残した。

卒園児でも一人、札幌に離れていってしまった子もいる。

なんでも熱心に取り組んでくれて、できるだけ長くサポートしてあげたかったのだが、かなり前から決めていたのでそれは仕方がない。

ぜひ、スキーを続けて大会で会えることを願っている。

そして、今日入園式があった。

たくさんの教え子達が巣立っていってくれたこの教場に入ってくれた。

みよし保育園に入園して本当に良かったと言ってもらえるよう、安心だけではなく、満足してもらえるよう力を注いでいきたい。そんな節目の今日、強くそう思った。

生活発表会が終わりました!

11月4日(土)の今日,生活発表会を終えました。

DSCF4100

時期としては珍しいわけではありませんが,今日は朝から雪が積もっていて驚きました。
北見市はあまり雪が降るところではありませんが,なぜか発表会の日は雪が降ることが多いですね。

そんな足元の悪い中,沢山の方々にお越しいただきありがとうございました。

休日(文化の日)をはさんでの今日の本番。
しかし,積み上げた練習は嘘をつかない。

そんな言葉がぴったりと当てはまるのではないでしょうか。

練習ではお客さんがいない中での練習。
もちろん,総練習で同じ会場を使ってはいますが,生まれてきて6年に満たない子供達が,お客さんがいることを想定できません。

ですが積み上げてきた練習が自信となって,堂々と発表できたのではないでしょうか。
DSCF4197

1・2歳児クラスの子供達も舞台の上で堂々と,そしてかわいらしい姿をお披露目できました。

そして年長・年中はそれぞれ一人が音楽では歌・鍵盤ハーモニカ・ハンドベル,遊戯は2つ,劇とたくさんの出番があります。

DSCF4167

練習の期間は1か月。
多種多様な役割をそれぞれが成し遂げます。

本当に小さい頃から,積み上げた練習と本番。
1年という時間は私達大人にとってはそれほど大きな変化がありませんが,本当に大きな成長があります。

日頃,子供達からたくさん学ばせてもらっていますが,行事の前後で子供達が本当に大きく変わっていく姿を見れることが幼児教育の醍醐味ともいえます。

DSCF4239

こういった経験を積んできた卒園児の小学生・中学生が今日の舞台裏でサポートをしてくれました。
また,その保護者にも子供達の着替えなどのフォローをしていただき,スムーズな運営ができました。
そして,お越しいただいた保護者・ご親戚をはじめとするご来場いただいた方々の大きな拍手から,子供達は大きな自信をもらいました。

本当に有難うございました。

※掲載している画像は総練習の時に撮影したものです。

子供の健康と子育て〜我が子に望むことは何ですか?

2週間ほど前から、アデノウィルスや溶連菌といった感染症が流行っています。

2〜3日で回復する子もいれば、1週間前後高熱が続く…といった症状もあるようです。

ここ数日は極端に気温が下がり、身体の免疫力も下がっているのかもしれません。

うがい手洗いをしっかりとして、栄養面を特に気遣ったり、気温に合わせて衣服を考えても、あとは防ぎようがありません。

健康でいられるのが一番いいことなのですが、長い人生で考えると子供の頃というのはいろいろな病気にかかることで抵抗力をつけているとも言えます。

ただ、仕事をしている親としてはそんな悠長なことは言えませんね。

子供の看病のために仕事を休まなければなりません。

我が子に望むことは

人の役に立って欲しい
自立して欲しい
好きな分野・得意な分野で活躍して欲しい

…挙げればキリがありませんが、そんな目的を成すには「健康」でなければなりません。

そう考えると、看病も大事な大事な子育てと言えます。

我が子の将来得られる健康のためと考えると、仕事を休まざるを得ない時でも、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

それをあらかじめ考慮しておくと、子供が元気に登園しているときは、余裕を持てるように前倒しできるものは前倒しし、余裕を作って仕事を手助けしておくとなお良いと思います。

かといって、大事な大事な仕事の時に子供が元気でいてくれることは、体調管理を万全にしたうえで、祈るしかありません。。。