教育内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

4つの「育」…徳育・知育・体育・食育

徳育・知育・体育・食育の4つの「育」を柱として,教育・体験を行っています。

<徳育(年長児)>

概ね週1回,「こころのドリル」という教材を利用しています。「あいさつ」・「返事をする」・「履物をそろえる」…といった小学校に入るまでに最低限身に付けておきたいこと,感謝の気持ちを育み,人間関係を築いていく…といった大切な内容がふんだんに含まれています。

お話を音読しながら学習していきますので,自然と読むことも上手になっていきます。
また,毎回テーマごとに塗り絵もあり,楽しみながら学んでいきます。


<知育(年少~年長児)>
読み・書き・計算はあらゆる学習の土台となります。興味や関心が強く湧いてくる年少期に,文字や数字を読んだり書けたりできることは楽しく勉強に取り組む第一歩です。学ぶ楽しさ・できる喜びが大きいほど学齢期には大きな差となって顕れます。
 「これを知る者はこれを好む者に如かず,これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」
知ることよりも好むこと。好むことよりも楽しむこと。子供達に伝えていきます。
 各年齢で使用する教材は,みよし保育園の自作テキストです。無理なく,楽しく考えながら取り組んでいける教材です。
☆学習目標
【国語】
☆3歳児…絵を見て言葉を考えたり,どのような文字で表すのかを学んだりと無理なく,読みを中心にひらがなを習得していきます。

☆4歳児…五十音順のひらがなの読みを中心に,書く練習も取り入れています。また,いろは歌の紹介,カタカナの読みにも触れます。

☆5歳児…まずは漢数字を覚えていきます。国語の学習日には日付を漢数字で書きこむ教材にしています。また,毎回あ行・か行といった行ごとに,ひらがな一文字ずつを正しい順番に書いて覚えていきます。こともたちが連想した言葉を書いていきながら,自然と身に付く教材にしています。さらに簡単な読解や作文の練習もします。

【算数】
☆3歳児(算数)…鉛筆の使い方や持ち方を中心に練習をします。数をかぞえたり,実際に書いてみたりしながら数の概念,10までの数字を書けるようになるのが目標です。

☆4歳児(算数)…10までの数の順番を確実に身に付け,しっかりと書けるようにしていきます。また,あわせていくつ,違いはいくつなどの足し算や引き算の概念を学びます。

☆5歳児…簡単な足し算や引き算の導入を取り入れ,考え方を身に付けます。さらに,文章題や図形も学習していきます。

<体育(年少~年長児)>
身体を動かすことは健康のもとです。年齢にあったものを取り組みながらも,挑戦する楽しさを味わってもらっています。遊具で遊ぶこと・走ること・練習を積んでできるようになること…得意なことはどんどん伸ばし,苦手なものを克服する楽しさを伝えています。

特にみよし保育園で力を入れているのが跳び箱。跳べるようになる喜びとさらに高さを増して挑戦していくことは,生きていくことにも通じるところがあります。

また,水泳やスキーにも挑戦。
水泳では水に慣れること~泳ぐことができる喜びを伝えています。
スキーでは雪の上を歩くこと~自在に滑れる喜びを伝えています。

小学部でも引き続きレッスンをしていますので,学校ではみんなTOPクラスです。



   


<食育(年少~年長児)>

食は生きるために絶対に必要なことです。ただ食事を摂るだけでは大切なことはわかりません。食べることの意味,どうやって食べ物になるのかを知ることで,感謝の気持ちを育んでいます。

☆農園事業
蒔き付け~草取り~収穫までを子供たちが直接携わります。育てる喜びだけではなく,生産者・食物・天地の恵みへの感謝の気持ちを育てる活動です。


☆クッキング
調理に携わることで,調理者への感謝の気持ちを育んでいます。農園で収穫したものを使ったり,お菓子作りに挑戦したり…楽しさとおいしさ両方味わっています。


その他

<慰問>
近所のグループホームに出かけて高齢者の方々と交流を深めています。一緒にゲームをしたり,行事に向けて練習した音楽や遊戯などを披露し,達成感を深めたり高齢者の方々に元気のおすそ分けをしています。