和菓子製作の見学と製作体験をさせていただきました‼️

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/29(月)、昭和9年に創業された歴史ある北見の和菓子屋大丸様に、さくら組園児がお邪魔させていただきました。

主に米粉と砂糖で作られたという作品が飾られていました。

20150630-100841.jpg

20150630-101038.jpg

他にも

20150630-101150.jpg

20150630-101208.jpg

20150630-101223.jpg

20150630-101240.jpg

目で楽しませてくれる展示がありました。

大丸といえば…

そう、ほっちゃれ( ´ ▽ ` )ノ

20150630-101420.jpg

昭和30年代から40年代まで使われていた焼き器だそうです。
その頃はまだ自分は生まれていなかったので、これで焼かれたものは食べていませんが、ほっちゃれの歴史を感じますね。

さて、今回は練り切りと呼ばれる和菓子を作る様子を見せていただきました。

20150630-101939.jpg

子供達にお話をしながら、あっという間にこしあんが詰め込まれ、いろいろな道具を使って模様をつけていきます。

圧巻です(^o^)/

20150630-102702.jpg

木枠で作る方法も見せていただきました。

20150630-102913.jpg

3色をつなげて…

20150630-103002.jpg

ギュッと押して枠を外すと…

20150630-103042.jpg

子供達から「わぁー」と感激の声が上がりました。

さらに驚いたのは…

20150630-103302.jpg

中央に写っているの分かりますか?

芸術作品ですね。
さらにこの周りにかぶせて…

20150630-103416.jpg

20150630-103433.jpg

そうです‼️
みかんです。

体半が覆いかぶさるのに…皮を剥いた物まで精巧に作って仕上げる。

見えない細部までこだわるという和の心を感じました。
ただ、このレベルは店頭には並べないようです(^^;;

たくさんの量を作るのは大変ですからね。

素晴らしい技を見せていただいた後に、年長児たちも挑戦。

20150630-103922.jpg

平らにして、こしあんを包んで…
模様を付けている写真がありませんでした…(。-_-。)

上手にできました(^o^)/

20150630-105136.jpg

ひまわりです。

最後に年長児は自分で作ったものを、年少年中は職人さんが作ってくれたお菓子をいただく…前に記念撮影( ´ ▽ ` )ノ

20150630-105538.jpg

芸術品のようです。

一口サイズに切ってもらったものも、また圧巻。

20150630-105855.jpg

綺麗にあんが包まれているのがわかりますね。

子供達が食べている写真がまたありませんが…
みんな大事そうにいただいていました。

私は今まで何も考えず、パクッと一口、有り難味も感じずに食べていましたが、このように作られていたとは思いもしませんでした。

昔、テレビでは見たことがあるかもしれませんが、実際に目の前で見ないことには、実感もわかないんでしょうね。

改めて日本の伝統文化の素晴らしさ、和の心を学ばせていただきました。

最後になりましたが菓子処大丸様、このような素晴らしい技術を見せていただいたり、貴重な体験を積ませていただいたり、また美味しいお菓子をいただいたり…本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です