生活発表会が終わりました!

11月4日(土)の今日,生活発表会を終えました。

DSCF4100

時期としては珍しいわけではありませんが,今日は朝から雪が積もっていて驚きました。
北見市はあまり雪が降るところではありませんが,なぜか発表会の日は雪が降ることが多いですね。

そんな足元の悪い中,沢山の方々にお越しいただきありがとうございました。

休日(文化の日)をはさんでの今日の本番。
しかし,積み上げた練習は嘘をつかない。

そんな言葉がぴったりと当てはまるのではないでしょうか。

練習ではお客さんがいない中での練習。
もちろん,総練習で同じ会場を使ってはいますが,生まれてきて6年に満たない子供達が,お客さんがいることを想定できません。

ですが積み上げてきた練習が自信となって,堂々と発表できたのではないでしょうか。
DSCF4197

1・2歳児クラスの子供達も舞台の上で堂々と,そしてかわいらしい姿をお披露目できました。

そして年長・年中はそれぞれ一人が音楽では歌・鍵盤ハーモニカ・ハンドベル,遊戯は2つ,劇とたくさんの出番があります。

DSCF4167

練習の期間は1か月。
多種多様な役割をそれぞれが成し遂げます。

本当に小さい頃から,積み上げた練習と本番。
1年という時間は私達大人にとってはそれほど大きな変化がありませんが,本当に大きな成長があります。

日頃,子供達からたくさん学ばせてもらっていますが,行事の前後で子供達が本当に大きく変わっていく姿を見れることが幼児教育の醍醐味ともいえます。

DSCF4239

こういった経験を積んできた卒園児の小学生・中学生が今日の舞台裏でサポートをしてくれました。
また,その保護者にも子供達の着替えなどのフォローをしていただき,スムーズな運営ができました。
そして,お越しいただいた保護者・ご親戚をはじめとするご来場いただいた方々の大きな拍手から,子供達は大きな自信をもらいました。

本当に有難うございました。

※掲載している画像は総練習の時に撮影したものです。

秋深まる

天候不良で延び延びになっていたマラソン大会を今日、開催しました。

残念ながら、体調不良のKくんがお休み。。。

登園したさくら組園児は全員元気に走りました。

秋晴れなの中..を
色が変わった葉が落ちる中を。

20171013-122337.jpg

20171013-122646.jpg

青空の下に広がる紅葉🍁がとても綺麗でした。

走っている子供達は…園のHPの写真館でご覧ください。

2〜3回の練習でしたが、みんな走るたびにタイムが伸びました‼️

「頑張ったから、良い結果になった」
頑張ったことを認められるのが子供達には最大のご褒美。

努力でしか得られない結果は、お金では買えません。

本当によく頑張りました‼️

振り返ってみると自分は…

小学生低学年は毎年後ろから2番。

一番最後にならないように必死に頑張りました(笑)

少年野球を始めたのが転機。

昔はとにかく走らされました。
野球に関係あるのか…と考えながらも、半強制ですからとにかく走る。

長距離の走り方など教わっていないのに、校内マラソン大会で学年の中位まで上がった。
それからですね、マラソンが好きになったのは。

小学年の高学年ではマラソン大会で上位入賞のために練習を積み、中学〜高校では物足りなくて、テスト期間などを除いてほぼ毎日の朝か晩に13km。

…そんなランナーでしたが、

高校を卒業してから走ったのは

3回位ですかね(-.-;)y-~~~

現在42歳。

今となっては、長距離を楽しめ、景色を存分に楽しめるロードバイクに切り替えました。

冬に向けてのトレーニングということで、初めは変速なしの通称ママチャリを1年。LOOK車と呼ばれる、見た目ロードバイクを1年、昨年から本格的ロードバイク(入門用)で卒園児でもあるスキーチームのジュニア選手達と走ったり、単独で長距離(最大100km)を走ったり。

見た目の若作りは興味がありませんが、身体だけは若さを求めています。

数年前まで毎日ブログ(他サイト)を書いてましたが、また復活を目指して書いていこうと思います。

今回は復帰記念(?)で長めに書きましたが、次からはあっさり日々の出来事・雑感を書いていこうと思います。

ちょこちょこ読んでやってください。

失敗

今日の年長児道徳授業のテーマは「しっぱい」

子供達にとって失敗という言葉の存在は天敵であるかのように、失敗は嫌だと飛び交う。
ならば、失敗しない方法は?

こう尋ねると
「あきらめないで頑張る」
「最後までやり通す」
「しっかりと練習する」
「ちゃんと考えてやる」

こんな答えが出てきた。

どれも合っているようで違う。
どれだけ練習を積んでも、最後まで諦めないでやり遂げても、失敗することの方が多い。

失敗しない最善策は…

「何もしないこと」
もちろん子供達からは非難轟々。

自分が否定なくても、子供達から否定してくれた(笑)

何もしなければ、絶対に失敗はしない。
でも得られることは何一つない。

そんなことで短い人生を楽しむことなどできるはずがない。

だから、どんどん挑戦して欲しいと子供達に伝えた。

その失敗にも大きく分けて二種類あると思う。

積極的失敗と消極的失敗。

積極的失敗は限りなく成功に近づくが、消極的失敗は成功まで程遠い。

それでも消極的失敗を繰り返して学べば、ちょっと遠回りして近づく。何もしないよりは、まだマシ。

失敗の場面に応じた声かけが、教える立場にある人間にはとても大切なことなのだと、教えていながら学んだ。

運動会無事終了しました(✿´ ꒳ ` )ノ

みよし保育園の運動会、無事に終わりました。

天気が心配でしたが、晴天&暖かい日差しに恵まれて…屋内ですが(^^;;

小さい子供達はほとんど泣いていましたが、序盤から持ち直し最後まで参加してくれました(✿´ ꒳ ` )ノ

また、年少〜年長児は誰一人崩れることなく、全力で取り組んでくれました。

語り始めるとキリがないですが、まずは、跳び箱。

園長の話にもありましたが、先週までは年長の最高が5段、今日跳ぶことができませんでしたが年中のIちゃんが6段をクリアしていました。

そんな中、自分もめげそうになりながらも、諦めず練習に取り組んでもらいました。

そうすると、年長の子供達が一度は皆んな6段まで跳べるようになり、最高で7段までいきました。

そして今週、総練習で年中のIちゃん、年長のYちゃんが8段まで跳べました。

そのまま本番でも…と思いましたが、体調が本調子ではなかったのか、Iちゃんは6段で失敗、7段でも失敗してしまいましたT^T

年中の女の子で8段を成功させれば、最高記録更新がかかっていました。

プレッシャーと緊張もあったと思います。昨日の練習では熱がありながらも、1度8段を跳んでいました。

そして、年長のYちゃん。
泣かせてくれました。

練習の時、本人が一番辛かったでしょう。そして、もっと早く跳ぶこともできたでしょう。

時間はかかりましたが、頑張り続けた甲斐あって、今日は1発でクリアできました。

子供の力というのは改めてすごいと感じます。

今週、初めて跳べるようになった時には、

「先生、有難うございました」

と本人から言われ、一気に目がウルウル。

それを気づかれてしまったと思いますが、

「先生はなんもしてない。あなたが頑張った証拠だよ。」

と目をそらして言ってしまいましたʅ(◞‸◟)ʃ

他の子供達も本当に頑張りました。
皆んな本番の何十倍、いや100倍はやりましたね。

ほんの一瞬のために、たっぷりと練習をしました。

そういう経験が、大きくなるにつれて現れてくる壁に立ち向かう土台ができるのです。

経験はpriceless。

教えているつもりが、気がつけば教わっているのです。

さくら組のリレーも熾烈な戦いでした。途中も何度も抜いて抜かれて…がありましたが、最後の最後でも大逆転。

諦めない気持ちが走りにつながっていました。

こんな素晴らしい運動会として終えることができたのも、練習にご理解をいただき、またお手伝い・ご参加いただきました皆さまのおかげです。

本当に有難うございました。

このような経験を通して、また一段と成長を遂げていくことでしょう。

今後とも、引き続きよろしくお願いしますm(__)m

なお、諸般の事情により、写真館の更新は週明けとさせていただきます。

ご理解のほどによろしくお願いします。

私の通知表

学習塾型の学童保育をはじめて10年が経ちました。

それ以前は、2人の子供を学校まで迎えに行き、放課後の時間を園で過ごすという単純な学童保育をしていました。

せっかくなら…と勉強を教えたり、水泳やスキーを教えたり…と現在の基盤を作っていきました。

当初は小学3年生までとしていましたが、まだ成長をサポートしていきたいとの欲も出てきてしまうものです。結局、6年生まで受け入れるようになりました。

元々、市内の有名学習塾に勤めていたことがきっかけではじめたことですが、なにせ小5・6・中学生の社会科と中学英語しか経験はありませんでした。

ただ、ベテランだって🔰の頃がありますし、始めないことには経験も積めません。
そんな勢いで始めましたσ^_^;

卒園児しか受け入れていなかったので、毎年一つの学年が増えていきました。
そんなペースも経験を積んで行く上で良かったと思います。

最初の頃は、自分も未熟でスムーズに伝えられなかったのでは、わかりやすく説明できなかったのでは…と時々振り返ります。

授業の時に流れる冷や汗ほど、辛いものはありませんʅ(◞‸◟)ʃ

ただ、そういう経験があったからこそ、二度と同じ轍は踏まないと決意するものでもあります。

10年という時を経て、これだけは絶対にわかってもらいたいというものもできてきました。

そんな中、スキー指導や水泳指導も取り入れました。

教えることは大変なことではありますが、大きく変わるとも読むことができます。

力を尽くすほど、それに応えてくれる子供達の努力が何よりも支えとなって、自分を動かす原動力になってくれています。

これほど、嬉しいものはありません。

また、そういう頑張ってくれる子供達の姿勢が、新しいことに取り組ませてあげたいという気持ちの元になるものです。

得意の前置き長〜い文章ですが、

私の通知表の一つ

20150829-164743.jpg

が先日届きました。

小3〜6が受験した小学生学力コンクールの総合資料。

全体の成績データだけではなく、成績上位者の氏名が掲載されています。

今回は…
12人中6人の名前が掲載されました。

二教科(国算)・四教科(国算社理)の合計点の上位者、科目ごとの上位者で見ると延べ10項目に名前が掲載されました。

前回4月に史上初めて100点満点が出ましたが、今回も別の児童が100点をとることができました。

その児童は、3年生〜4年生の中盤くらいまでは特段勉強をしていなくても、成績が良かったのですが、学校の宿題・塾の課題程度の勉強だけでは、徐々に成績が下がってきてしまいました。

それから、本人曰く学校の先生が厳しいらしく、家庭学習をやって出さなければならないことも、勉強の習慣の一つになっていると思います。

決して厳しいのではなく、これから先の将来を見据えて…の本当の優しさだと思います。

また…
かつて全道23位をとった同学年の子に負けてたまるか…と奮起。

ほぼ毎日、滞在時間のほとんどを勉強に費やしています。

その甲斐あって、今回は過去最高だった偏差値まであと一歩と迫ってきました(✿◖◡◗)ノシ

結果を褒め称えた後、

「先生ー! 頑張ったしょー」
「おう、頑張ったね。でも、あなたは才能がないからね」
「えっ…」(悲)
「そのかわり努力の天才だ‼️」

と結果に一喜一憂して欲しくないので釘を刺しつつ、努力を継続できるよう言葉もかけました。

うちに通ってきてくれている小学生たちは、原則卒園児のみ。
長い子で年少から教えてきているし、少人数で教えていますので、そう考えるともっともっと上位者を輩出させてあげていいはずです。

子供たちの伸びも自分次第です。

新たな初心を持ってチャレンジしていきたいです。

みよし農園で収穫してきました(✿◖◡◗)ノシ

久しぶりの更新ですσ^_^;
書きたい記事はたくさんありますが、PCの復旧作業を毎晩遅くまでやっていますが、もう諦めの境地まで来てしまいました。。。

3年前のバックアップはありますが、それ以降の分は作り直さなければダメですね。
諦めないことも大事ですが、そこに時間ばかりを割いて物理的にできないものは諦めるしかありません。

運動会の練習が続く日々ですが、今日はみよし農園でジャガイモと大根の収穫をしてきました。

20150827-133353.jpg

初めて収穫に参加した年少をはじめ、子供達からは大歓声が上がりました‼️

形がまずまず、量も沢山採れました。

他に、大根と人参も収穫しました。

大根は上部が割れていたり、大きくなりすぎていたり…でも、立派に育ちました。

最後はみんなで草取り。

綺麗に片付けました。

トウモロコシはもう少し、時間がかかりそうです。
大きく甘く育って欲しいですね(^_^)v

20150827-133931.jpg

20150827-134006.jpg

お泊まり会初日

ニュースページでお伝えした通り、PCのシステムファイルでエラーが発生し、修復不能…再セットアップをなるべく回避しようとあらゆる手段を試しましたが、ことごとく打ちのめされ再インストールという状況になってしまいました(T_T)

無事に再セットアップ完了し、ネットの接続まではなんとかたどり着けました(^^;;

さて、今日のお泊まり会のまとめをご報告します。

北網圏文化センターでの常設展示の見学
美山北公園で遊んだり、散歩を楽しみ
みんなで夕食準備。

その後、今回初めて美芳湯へ。

お風呂に浸かって汗を流しました。

戻ってきてから、夕食&お楽しみ会。

夕食は今回初メニューの焼きそば&おこみのやき(笑)by 小2N
お祭り気分を味わえて評判良かったです(✿◖◡◗)ノシ

その後、花火に出かけました。
予報では暑いはずが、今年はちょうどいいというより、ちょっぴり肌寒かったですね。

おかげで虫は少なくて良かったですが。

今年もたくさんの花火をご提供いただき、手持ち花火から打ち上げ花火まで楽しませていただきました。

そして…
肝試し。

今年は史上最恐⁉️
去年と変わらない内容でしたが、あるお面に年長児たちは恐々としていたようです。

私が見ると笑ってしまうのですが(笑)

詳しくは、今日写真館更新できると思いますので、ご覧ください。

これから、起床。
ラジオ体操、朝食。

予定になかったスイカ割りもします(◍•ᴗ•◍)ゝ

小学生を連れて畳工場見学に行ってきました(^o^)/

先週末から小学生が夏休みに突入。
水泳指導・夏期講習会授業・グレステンスキー指導と毎日充実させていただいています。

自分は今のところ、8/15まで完全な休日無しです(◍•ᴗ•◍)ゝ

いつもは学校が終わってからなので、ちょっと疲れて来ている小学生もこの期間は朝からにぎやかです(✿◖◡◗)ノシ

毎年、夏休みは小学生の自由研究のフォローをしていますが、今年は関畳店様で畳工場見学&ミニ畳製作をさせていただきました。

20150730-203709.jpg

昨年、園児たちが見学&ミニ畳製作体験をさせていただきましたが、今年は小学生18名が参加。

お忙しい中…しかも二部に分けて実施していただきました。

畳は奈良時代から使われていたそうで、歴史を学んでいる小6にとっては、1300年という時の長さを実感できたのではないでしょうか?

また、歴史上の人物、聖武天皇や愛用の品を保管していた正倉院の名が出てきたことで、より身近にも感じたことと思います。

また、畳の原料となるい草は、全国の生産量を熊本県が73%も占めているようで、県名を覚えた小5生にも生きる題材として、いい勉強になったと思います。

工場では、畳床に畳表を縫い付ける場面やヘリを縫い付ける様子を見学させていただきました。

一枚の畳ができるまでおよそ10分。

発明することの大切さや機械が持っている性能から受ける恩恵というのは、計り知れないものがあります。

もちろん、機械のなかった時代に手作業で作り上げてきたという伝統技術があってこそ。

ましてや、一枚の畳表には8000〜9000本のい草が使われているそうですから、手で編み込むとなると相当な時間を費やしていたことでしょう。

そんなことを考えているうちに、ミニ畳の製作時間。

20150730-210234.jpg

和紙で出来た畳表は色々な色があり、やい草で出来た畳表はい草の香り…みんな悩みながらも選んで、さらには思い思いのヘリを選択して畳床に取り付けました。

20150730-210510.jpg

見学も十分に勉強になりましたが、製作もまた楽しんでいました。

希望者は…
低学年はミニ畳を土台に飾るものを製作。

高学年は見学内容をレポート作成。

夏休みの自由研究課題を充実したものにしたいと思います。

お邪魔させていただきました、関畳店様、そして企画してくれたあさみ先生。本当に有難うございました。園児たちとはまた違った角度からお話をしていただけて、子供達も本当に勉強になりました。

なんとか形にして、素晴らしい自由研究になるようもうひと踏ん張りします(✿◖◡◗)ノシ

20150730-211545.jpg

和菓子製作の見学と製作体験をさせていただきました‼️

6/29(月)、昭和9年に創業された歴史ある北見の和菓子屋大丸様に、さくら組園児がお邪魔させていただきました。

主に米粉と砂糖で作られたという作品が飾られていました。

20150630-100841.jpg

20150630-101038.jpg

他にも

20150630-101150.jpg

20150630-101208.jpg

20150630-101223.jpg

20150630-101240.jpg

目で楽しませてくれる展示がありました。

大丸といえば…

そう、ほっちゃれ( ´ ▽ ` )ノ

20150630-101420.jpg

昭和30年代から40年代まで使われていた焼き器だそうです。
その頃はまだ自分は生まれていなかったので、これで焼かれたものは食べていませんが、ほっちゃれの歴史を感じますね。

さて、今回は練り切りと呼ばれる和菓子を作る様子を見せていただきました。

20150630-101939.jpg

子供達にお話をしながら、あっという間にこしあんが詰め込まれ、いろいろな道具を使って模様をつけていきます。

圧巻です(^o^)/

20150630-102702.jpg

木枠で作る方法も見せていただきました。

20150630-102913.jpg

3色をつなげて…

20150630-103002.jpg

ギュッと押して枠を外すと…

20150630-103042.jpg

子供達から「わぁー」と感激の声が上がりました。

さらに驚いたのは…

20150630-103302.jpg

中央に写っているの分かりますか?

芸術作品ですね。
さらにこの周りにかぶせて…

20150630-103416.jpg

20150630-103433.jpg

そうです‼️
みかんです。

体半が覆いかぶさるのに…皮を剥いた物まで精巧に作って仕上げる。

見えない細部までこだわるという和の心を感じました。
ただ、このレベルは店頭には並べないようです(^^;;

たくさんの量を作るのは大変ですからね。

素晴らしい技を見せていただいた後に、年長児たちも挑戦。

20150630-103922.jpg

平らにして、こしあんを包んで…
模様を付けている写真がありませんでした…(。-_-。)

上手にできました(^o^)/

20150630-105136.jpg

ひまわりです。

最後に年長児は自分で作ったものを、年少年中は職人さんが作ってくれたお菓子をいただく…前に記念撮影( ´ ▽ ` )ノ

20150630-105538.jpg

芸術品のようです。

一口サイズに切ってもらったものも、また圧巻。

20150630-105855.jpg

綺麗にあんが包まれているのがわかりますね。

子供達が食べている写真がまたありませんが…
みんな大事そうにいただいていました。

私は今まで何も考えず、パクッと一口、有り難味も感じずに食べていましたが、このように作られていたとは思いもしませんでした。

昔、テレビでは見たことがあるかもしれませんが、実際に目の前で見ないことには、実感もわかないんでしょうね。

改めて日本の伝統文化の素晴らしさ、和の心を学ばせていただきました。

最後になりましたが菓子処大丸様、このような素晴らしい技術を見せていただいたり、貴重な体験を積ませていただいたり、また美味しいお菓子をいただいたり…本当に有難うございました。

みよし農園 〜種蒔き

北見にしては豪雪となった2014-2015の冬でしたが、3月からの暖かさで一気に進んだ雪解け。

もう少し早くから種を蒔くことはできたものの、連休明けから予定していた日程と天候がミスマッチでしたʅ(◞‸◟)ʃ

今週はカリキュラムを変更してでも実施という準備をしていたところ、なんとか今日(?)5/26(月)に行くことができました(^o^)/

なんだか今年は天気予報が外れますね。
5/27の予報もこんな感じです…

20150526-001605.jpg

お天気マークを見ると晴れのち曇りなんですが、曇り後一時雨…言葉の方を信じたいです( ´ ▽ ` )ノ

今日は、ジャガイモ(キタアカリ、メークイン)・トウモロコシ(ゴールドラッシュ、ピュアホワイト)
大根・ニンジンを植えてきました。

私のミスで、大豆を用意するのを忘れてしまったため、後日蒔きに行きます^^;

今年初参加の年少児たちも頑張っていました(✿◖◡◗)ノシ

中には初めて種を見る子もいてワクワク💕

種芋は、食用と形が変わらず…ですが、これが種なの?と不思議そう。

上手に決められた場所に置いて、土の布団をかけていました。

トウモロコシも食用のものに近いですが、赤い粉がついていてこれまた不思議に感じていました。

ここまでは上手にできていましたが、、、

食べれるまで成長する大根はイメージから大きくかけ離れるほどの小さい粒。直径2ミリ程度でしょうか?

20150526-002808.jpg

土に置いてしまったら見分けがつかない程。扱いにくくて、こぼしてしまった子もいたようで、畝からずれた場所から生えてくるかも(^^;;

ニンジンになると、もっと小さく。

20150526-003021.jpg

自分も初めて見ましたが、秋に道端に落ちていそうな雑草の種のようでした(⌒-⌒; )

ニンジンからは想像つかない種でした。

今年は、暖かくもう霜が降りる心配はなさそうですが、干ばつが心配ですね。今後の週間予報を見ると、雨マーク☔️は次の日曜に。ただ、ここからは予報が外れて欲しいですね。

自然相手に何かをしようとすると、なかなか思い通りにいかない。。。
でも、その危機を乗り越えて、秋には豊かな実りを授かるわけですから、生きる原点のひとつである農業というものに関わる経験というのは大切なものだと考えています。

太陽の光を浴び、雨が降り、土の栄養をを吸収しながら自ら栄養を作ることができる。植物にはそんな力があります。

動物のようには動きませんが、生きている。

自然の利と人間はその命を頂きながら生きていることへの感謝の気持ちもしっかりと育てていきたいと思います(^O^)/

20150526-004331.jpg